×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2003/12/26

ノルマ達成っ。
おわったー。
あとは、現地で紙折ですか・・・。

初日は、東方サークルさんを中心に回ってから、店番の予定。
というか、全然カタログチェックしてないです・・・。

あとはー、ドイツビール屋さんとベルギービール屋さんとイギリスビール屋さんいくのです。

2003/12/25

最果屋はただいま、たいへん煮詰まった状態で、正常な会話が出来ない恐れがありますので、掲示板のレス等、しばしお待ちください・・。
(申し訳ありません)

東方創想話の妹様のSSがよかったです。

下ノ絵は21日のリテイク版。
業務連絡を兼ねて・・。


2003/12/24

メリークリスマスです。
そして10000hitです。
ありがとうございます。

そして、もう4時です。
・・すいません、今日は寝ます。

2003/12/23

元ネタを明かす前にイーアルカンフーネタに反応していただいていました・・(ありがとうございます)
そういえば、五面の敵である謎の男ウーの能力は、まさに「空を飛ぶ程度の能力」・・。

フランゲリオンがあっという間に、第参話に(!)
第参話はネタがネタだけに、助け出すシーンにものすごく期待してしまいました・・・。

第四話は順番的には弐号機登場とのことですが、ここまで紅魔郷キャラだけできているので、パイロットが誰になるのかに注目してしまいます。

ジ・オUも、ゲードライと一緒に「ジオンの再興」に登場しますね。
何故かジオン軍のMSなところが近藤ガンダムですが(^^;

もう日も無いので告知・・一応落ちることは無いと思われます。

28日(日) は-1b 「南の陸」
頒布物:「おとぎヒストリー 天使のびっと」(ガンダムセンチネルRPG風RPGルールブック(電源不要))

一応ガンダム世界を舞台とした、一応TRPGということになりますが、基本的に戦闘と成長のルールが主です。
ヘクスマップとかd100とかいう単語が説明不要な方でないとルールが理解できないような気がします。

某掲示板にて同名のスレッドがあったりするらしいのですが、直接の関係はありません。
あるとすれば、元ネタが同じということですね・・。

元ネタがわかる方には想像つきそうな気がしますが、撃墜されたMSが天使として生まれ変わるという、なんとも意味不明な世界観のガンダムゲームなので、真面目なガンダムファンの方はお手を触れないようご注意ください。

イラストは私の担当で、夏に出した暫定版に掲載済みのものをあわせるとキャラクターイラストを15枚くらい描いています。

よろしければお立ち寄りくださいませ。



2003/12/22

コミケ本番まであと五日・・。
さすがに、そろそろ東方ワンプレイの余裕も微妙です。
ミスディレクション攻略は、冬コミ後の楽しみにしますー。

というわけで、今日は連邦サイド。
基本的に機械類は苦手なので、あまり描きません・・。

好き勝手にアレンジが原則です。



2003/12/21

えーと・・昨日の日記は意味不明なネタが多すぎですね。

3面ボスというか、三面の敵が鎖使いというのは、その昔の格闘ゲーム「イーアルカンフー」の話でした。
ちなみに名前は鎖使いのチェン。
一説には最終ボスよりも強い男といわれていました。(本当か?)

感想いただいたので(ありがとうございます)、少し説明・・。

12/19の絵は、ゲードライというMS(MA?)です。
近藤和久さんが自分の作品の中でキュベレイの代わりに登場させる機体で、コミックス「ジオンの再興」等に登場します。
プロトタイプキュベレイの絵を私は見た事がないのですが、もしかしたら今はそういう扱いになっているのかも。

なんで、そんなマイナーなMSを描いてるのかというと・・友人の趣味です。
とかいいながら、プロフィールで好きなもののなかにゲードライを挙げているので説得力ないですが。

私が今イラストを描いている冬コミの友人のサークルの本というのが、ガンダム世界のゲーム(電源不要)なのです。
もっとも、真面目なガンダム好きさんには刺されそうな内容ですが・・・。




ちなみに、M.G.B.はメイリン・ガチョーン・ボンバーの略であり、元ねたは「なつきクライシス」という漫画なのですが、そもそも「ガチョーンって、何?」という方ももしかしているのかも・・・。
・・・一種の照れ隠しです。

2003/12/20

世界一短い友への手紙。
「ごめん。今日は東方」

深刻に中国分(というか東方分)が不足してきたので自給。
またの名を初号機パイロット。
・・というか、弐号機パイロット七色説に悶絶。
詳しくはCoolier様内の東方創想話をご覧ください・・。
絵はあまり関係ないですが。
M.G.B.

三面ボスは鎖使い。
されどチェンにあらず。
(わかる人は・・レトロゲー好きの方ですね)

美鈴と雑魚さんの放つ一条の青い弾が鎖に見えるのは私だけでしょうか。
(美鈴は赤いのも撃ちますが)
そして、鎖状弾が交錯する攻撃をネビュラチェーンと呼ぶのは私だけに違いありません。


もう一作品、「 日々平穏? 」は、霊夢の大物っぷりが素敵でした。
ゲームをしていると、霊夢はむしろ怒っている印象の方が強くて春っぽいという印象があまりないのですが、違和感無く春っぽいというか。

2003/12/19

美鈴は全要素ノーミスノーボムでいけるはずなのですが、やっぱり弾が速いのでミスが・・。
でも、見切って喰らいボムに逃げることはそれなりにできるようになってきたかも。
Normalの咲夜さんはきびしすぎです。
ミスディレクション避けられる気がしません・・。

とりあえず年末までは、不思議絵です・・。


2003/12/18

前回Easyで調子が良かったのに味をしめて、紅魔郷Normalに挑戦してみることに。
自機は霊夢夢符。
なにやら、すいすいといけてしまいます。
三面で例によって例のごとく、風鈴をすり抜け損ねて一機失ったものの、それ以外はノーミスノーボム。
四面も道中でボムを二つ削られたものの、美鈴より先にパチュリーさんノーミスノーボムを達成。

咲夜さんで、多少苦戦してコンティニューするはめになったものの、これならレミリア様もあるいはいいところまでいけるかもっ。

とか思っていたら、間違えてEasyでやっていました・・・。

でも、建設的に負け惜しみをいうと、Normalじゃないとエンディングが見れないとはいえ、初めはEasyで感じをつかむことも重要かも。
その後、ちょっとNormalをやってみたら、いままで上手くいかなかったところも、そこそこ抜けられたりしたので。

もっとも、美鈴には三機落とされましたがー。
もう、私が彼女を中国と呼ぶ日はこないかもしれない・・。

絵がないのも寂しいのでラフでも。
うーん、最近絵大きすぎ・・


2003/12/17

というわけで、イラスト作成中です・・。
うーん、東方の服装は基本的にふんわりした感じだったので、ギャップが・・。
本完成のめどがたったら、こちらでも告知する予定です。
でも、ジャンルはゲーム電源不要なので興味ある方がいるかは不明ですが。


ラフ。

東方創想話に妖忌さんのお話が二本。
妖忌さんの性格とか、文章のスタイルとか、ある意味対照的でどちらも楽しく読ませていたただきました。
幽々子様がかっこいい・・。

2003/12/16

えーと、これから年末・年始にかけて、東方関係の更新は格段にペースダウンすると思います。

理由は友人のサークルの本にイラストを描くためです。
そっちの絵もかかんと東方絵ばかり描いていたところ、人間関係に深刻な亀裂が。
・・というのは、冗談(だといいなあ)ですが。


今日は、紅魔郷五面のタイトルを調べるために、紅魔郷Easy。
Easyだと、けっこうすいすいいけますね・・。
初めて紅魔郷のバッドエンドをみました。

美鈴は敬語で話すケースが多いキャラという認識がありますが、それは実際話す相手が自分より偉い人ばかりだからで、三面途上の雑魚の皆さんとかには、気さくに話しているのではないかなあと妄想。

美鈴と雑魚の皆さんのコンビネーション攻撃とか見ているといろいろと想像が膨らみます。

紅鼻のトナカイに瀟洒なサンタを

大きすぎ・・でも調整している時間がないのでこのままで。

美鈴はクリスマスが苦手。
とかだといいなあとか、そんなことを思った一枚。

美鈴はクリスマスがものすごく好きという一枚も描きたいのですが・・。


2003/12/15



昨日展示した絵を修正・・。

2003/12/14その2

霊夢霊符感想。

なんというか、敵の弾にあたる気がしない・・。
いや、実際にはちゃんとあたって落とされているのですが、弾避けの時の安心感が全然違うというか。
倫敦人形も時間切れまで避け続け、リリーも全然OK。

問題は、倫敦人形が時間切れまでかかることでもわかるように、いつまでも敵が落ちない・・。
弾幕に当たる気がしないが、弾幕が終る気がしない。
霊符の特徴はこんな感じかも。
さらには正面を取る必要が無いものだから、どこで弾を避けようと自由だといわれているようで困惑する。
まあ、後の方では助かるのですが。

あとは・・霊夢でのアリス戦はやはり私内での盛り上がり度が違うという、ゲームに関係ない面も。


どうもアリスが安定しないのでプラクティス中。
・・ゲームは、ろくにプラクティスしないのですが。

2003/12/14

絵板を見てから、BUMP OF CHICKENの「ダイヤモンド」(カップリング曲がラフメイカー)を買ってきた最果屋です。
私もがんばろう・・。

ふと、最萌で投下されていたアリスと魔理沙の話が読みたくなって、最萌のログを捜索。
Air-Hで接続している身としては結構な難作業。
・・・そうか、アリス支援ではなくて魔理沙支援だったのですね。
紅白人形というタイトルで投下されていたSSですが、アリスと魔理沙の関係としてはかなり私のイメージに近いのです。

後からみたらちゃんとテキストにコピペして保存してあったというのは、また別のお話。

2003/12/13その3

というわけで、魔理沙慣れしているうちに魔理沙魔符に挑戦。

すさまじい正面破壊力。レティ、橙、アリスまでは圧倒的に短時間で撃破可能。

ボムが弱い?
多分、霊夢と比べるとそんなことはないんだと思いますが、マスタースパーク慣れしていると、ボムが終ったのに弾が残ってるってどういうことだーというわがままな感想に。
それでいてボム数は変わらず二発なので、やはり真面目に避ける修行は必要なようです。
(逆に言うとレザマリはある程度パターンが出来てしまえば、気合避けは無用)
さすがに、リリカ全ボムはコスト高すぎ。

性格的には霊夢夢符により近い感じですが、ボムの少なさと避けづらさはシビアに効いてきそう。
まずは、ボム依存の癖を抜く必要がありそう・・。

2003/12/13その2

レザマリクリアーっ

一休みしてから、あまり絵を描くテンションが上がらなかったので、レザマリリトライ。
やっぱり、ボムは使うべき時は使う。ということに尽きますね・・。
苦手な弾幕を二回も三回も避けようとして、うっかり失敗するよりマスタースパークで一掃した方が、気持ち的にも余裕が。
まあ、無理して気合避けしてきた日々が、ボム無しでもいける弾幕を増やしてくれているのは事実なのですが。

今回はさっきよりも幽々子様時点での機数は同じで、ボムが一つ少なかったのですが、ボム抱え死に0が効きました。

これで、ひとまずレザマリともお別れ。
次は、ミサマリか座布団でしょうか・・。

マスタースパーク万歳。

エンディングは、今までの中で一番好きかも。

2003/12/13

1ボム足りない夢を見た。

レザマリクリアまで、後一歩・・・。
今日は目の調子が悪かったので気合避けは避けて、無理そうな時はすぐにボム。
四面最初のザコラッシュ、リリー、リリカ手前の偉そうなザコと、垂れ流し状態。
とかやっていたら、リリカ手前で残機フル。

それでも、しっかりリリカには全部ボムの後ろ向きモードで対処。
妖夢の普通弾幕でも、ケチらずボム。
ボムの持続時間が長いので、思いのほかサクサク進みます。

幽々子様の前で残機5。
レザマリでは事実上の幽々子様初挑戦。

最初の弾幕でも、ボムをつかってしまう。
亡我郷でも勿論使う。
リポジトリ・オブ・ヒロカワと完全なる墨染の桜は、もととも決めボムポイント。

これだけ気合避けをしないままでも、なんとなく反魂蝶時点で一機と2ボム。
何を隠そう、私は赤玉避けが大の苦手です。

しかし、はなから避けようとせずに全部ボムで行けば勝てたかもしれない・・。
何とか避けようとして喰らいボム間に合わず。
痛恨の一ボム抱え死に。

コンティニューして一ボム撃ったらエンディングでした。
なんというか・・悔しいなあ。

しかし、計画的なボム使いと凡ミスの排除が出来れば、レザマリはかなり気合避け無しで勝てるということなのかも。
でも、今日は目が限界なので、雪辱は明日以降です・・。

2003/12/12



足りない栄養は、速やかに補給。
さすがに神社でクリスマスもなかろうということで、アリス宅を強襲した二人+1。
日本人(?)たるもの巫女でも魔女でもメイドでも吸血鬼でも、きっとクリスマスは騒ぐのです。

どうも、いろいろと足りてない絵ではあるのですが、昨日の絵を一番上においておくのも微妙にあれだったので(^^;
反動か、今回の魔理沙はお気に入りです。
・・いや、昨日の魔理沙もお気に入りではあるんですが。

2003/12/11

USBのオーディオについてきたMIDIを使うようにしたところ、音がかっこよく。
WAVの方が好きな曲も多いですが、MIDIもまたいいかもという気に。
問題は、処理落ちするようになったことでしょうか・・。
何か、関係が??

でも、そのせいか昨日日記で苦手と書いた倫敦人形にリリー、はては妖夢前半半分くらいをノーミスノーボムでいけてしまいました・・。
そのわりに橙に落とされてたり、リリー直後の雑魚に落とされてたりで、クリアはならなかったのですが。

倫敦人形をあまり決めボムしないのは、やっぱりあれを避けるのが楽しいからだなあと、今日気付きました。
五分五分位ではあるのですが、避けきれると妙に達成感が。

妖夢との戦いは、あのスローモーションのせいもあって、真剣勝負のような緊張感があるのですが、アリスとの戦いは弾幕を通じたコミュニケーションというか、会話というか、そんな感じがします。
いつものようにアリスが弾幕をうち、いつものようにびりびりとそれを避けるというような。
こういうのが弾幕ごっこという感じなのかも。

まあ、妖夢や幽々子様をノーミスノーボムで行くのが普通になってくれば、その辺りでもそういう感慨はもてるのかもしれません。
ノーミスノーボム前提の最後のボスが、私にとってアリスだということかも。

2003/12/10



・・・全国の魔理沙ファンの皆様にごめんなさい。
(これは元ねたがこういう顔なだけで、私の魔理沙のイメージがこうというわけでは・・)

一日一レザマリの日々。
そろそろ、速さ自体には慣れてきて、事故死は大分減りました。
でも、やっぱり倫敦人形とかリリーとか、微妙に避けるしかないケースでは、被弾率が高いです。
とりあえず、この辺は決めボムか・・。
でも、リリカ全部決めボムは後ろ向き過ぎです。自分。

2003/12/9


帰ってきて、寝こけてしまって、目が覚めたら3時半・・・。

眼鏡アリス絵は、私の中で実は最萌の時からの難題だったりします。
最萌の支援として投下しようと思っていたのですが、どうも私が描くと野暮ったくなってしまうために投下できなかったという歴史が。

アリスと眼鏡というお題は私の独創ではなくて、「ビタミンごはん」様の絵版237が元ネタだったりします。
私がアリス霊夢と同時に、魔理沙アリス派だったりするのは、多分にこの絵の影響な気も。

そんなこんなで、悩みつつ描いた眼鏡絵なのですが、なんと「CG定点観測」様に眼鏡絵として捕捉していただいてしまいました。
(東方絵ではないところがポイント(笑))
眼鏡絵を描いてもいいんだよと許されたような。


そろそろ冬コミに本を出される方は、入稿を終えられているようです。
最果屋は、ぼちぼち友人のコピー本用のイラストに取り掛からねばならない季節。
ちなみに、このサイトで扱っているジャンルとは関係のないジャンルです・・。

2003/12/8


いろいろと書きたいものがあるのですが、なかなか優先順位が決められずに時間が過ぎたり。
・・まず描こう。時間のあるときは。



2003/12/7その2

本日の素敵凡ミス。
リリカ戦直前、ふらふらしていたら去り際のメルランに直撃、
妹に甘い姉。
・・いえ、私が馬鹿なだけです。

噂の東方香霖堂の連載が始まるC誌。
買うべきか買わざるべきか悩む方も多い様子ですが、私は結局買ってしまいました。
確かに、霊夢に耳が(笑)
(私もZUNさんは耳を描かない方なんだなあとは思ってました。確かに。)
この雑誌を買うのは、高野音彦さんのCG講座が載った時以来だから・・・4年ぶりくらいかも。
私は、あまりパソコンでゲームしない人だったので。

と思って、今持っているパソコン用ゲームソフト。
「東方妖々夢」
「月箱」
「メルティ・ブラッド」

同人ゲームだけというのもどうなんだろう・・自分
(紅魔郷は借り物)

2003/12/7

東方別館を作ろうと思ったのですが、どうもすぐには完成しない気がするので、とりあえずギャラリーに東方絵を大量追加。
全て、日記か応援ページに掲載したものです。

2003/12/6

突然、東方新作の希望的予想。

やっぱり、二人同時プレイ。
二人プレイそのものよりも、共に戦う二人の会話にものすごい勢いで注目。
おなじみ霊夢・魔理沙をはじめ、夢のアリス・霊夢、魔理沙・アリスタッグが実現。
咲夜さん・妖夢の向うところ敵のなさそうなコンビも。

・・とか、夢を見てみました。
というか、そもそもアリス、妖夢は自機なのか。

半分は人間でもあることだし、前回のパターンを踏襲すれば妖夢自機はありそうな気もしますけども。

本日の絵
四面ボスの皆さん。
・・多い。


妖夢攻略のヒントありがとうございました。
右上に移動するのは、なんというかコロンブスの卵的というか・・。
あまりリプレイとか見ないほうなので、こういう方法は新鮮です。

2003/12/5

あまりにも大きくなったので久々の縮小版表示。


2003/12/3

リリカ攻略にかすかな手がかり。
最初の弾幕は、動かないと意外とあたらないんですね・・。

でも、結局妖夢に斬り殺される。
最初の弾幕が全然避けられない・・。
霊夢なら当たらないのにーとか、あたっても喰らいボムできるのにーとか、いまだ違和感を解消できない模様。
まあ、あたらないは気のせいの気もしますが、喰らいボムの差はかなり切実。

にしても、マスタースパークは強いですね・・。

話は変わって、最近の東方お絵描き掲示板はすごいペースですね・・。
who killed Cock Robin?って・・(笑)

2003/12/3

どうにも自由になる時間が少ないので、ちまちまと色塗りをすることに。
時間があるときには、線画を描きたいのですが。
結果として、時間があるときは色塗りが進まないという傾向が。


というわけで塗り途中

2003/12/1

二面ボス二人・・のつもりだったのですが、橙は上手くまとまらずにタイムアップ。
というわけで、チルノのドット絵を確認すべく今日は久々の紅魔郷をプレイ。

・・なんか上達してるよっ。
苦手だった美鈴の最初の弾幕も抜けられるし、風鈴も正面から全然いける。
しかも、魔理沙で。
うわー、すごいぞ自分。
・・いえ、過去の自分と比べての話ですが。

これなら美鈴を中国とよべる日も近いです。
・・ということはつまり、きっちり美鈴には落とされてるわけで、それ以前にチルノに二機落とされてるという現実が。

しかし、やっぱり東方の音楽は弾幕と一緒に鑑賞してこそですね。
「明治十七年〜」のオープニングでは、震えがきました。
惚れ直しです。



チルノは、最萌の期間の間にずいぶん好きになったキャラです。
レティと二面中ボスさんの試合の時の、チルノの悩む様子が特に。




2003年11月

2003年10月

2003年9月

2003年1月〜8月

2002年12月

2002年11月

2002年10月以前 戻る