×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2004/1/31

蓮台野夜行と紅魔郷到着です。
喜びをかみしめつつ、まずは仕事へ・・。
日が変わるころに帰ってきて、今ようやく聴いている所です。
試聴版で既に聴いていた少女秘封倶楽部が、今のところ頭の中でリピート中。

>幻影城
ふかひれです。
なんといいますか、ふかひれラーメンであることに意味のあるネタなのです。


2004/1/29

いろいろと技術がたりないー。
どんぶり一個描くのだって大変なのだから、料理漫画(に限らないですが)とか描いてる方はすごいなあ・・。
あとは書き分け・・・。


珍しく三日連続で本屋の開いてる時間に帰って来れたので、本屋さんチェック。
一昨日はなかった本屋さんにも「ねこきっさ」入荷しているようです。
一日待てばよかったのかー。


2004/1/28

創想話の箒のお話・・。堪能させていただきました。
この二人から見て、霊夢はやはりまぶしい存在なのだろうなあと。


「ねこきっさ」発見ー。
きづけば、郊外の本屋に辿り着いていた自分。

うーん、仙台と秋田のきらら単行本に対する温度差はなんなのだろう・・。

きららは、以前はコンビニで見かけると立ち読みという感じだったので、
何故かお店のエピソードがない話ばかり読んでいたようで、お店のシーンが妙に新鮮(笑)

最近は、かなり読むところが増えたので買ってます。


2004/1/27

雑魚の皆さんと美鈴さん。
テーマは雑魚さん、というわけではなくて、目下の人といる美鈴だったりします。



雑魚さんのデザインはドット絵から想像してみたので、まあ、勝手なデザインであります。


「ねこきっさ」が売っていないです。
雪のせいで遅れてるかも・・。
でも、「在庫ないですねー」というのは、売り切れたということとも取れるのですが・・。
・・週末に駅前に行きますかの


2004/1/26

二回休み。

絵はイメージがしっかりしていないと駄目とはいいますが、絵板は余計にその傾向が強い気がします。

2004/1/25その3

先日のレティ絵(?)には、元ネタに絡めたレスをたくさんいただきました。
しかも、みなさんちゃんと違う台詞に絡めているところが素敵です。
こうして見ると、猪狩は愛されているなあと思います(違
(ちなみに元ネタは「グラップラー刃牙」の33巻なのですが)

創想話の美鈴・咲夜さんSSがよかったです。
私は断然(笑)、美鈴は咲夜さんより先にいた派。
咲夜さんは紅魔館に辿り着いた時に、美鈴をかなり手ひどくやっつけているという脳内設定なのです。
以下ネタバレ
咲夜さんは、この時の事を根にもって美鈴を名前で呼んでくれないのです。とかだと、可愛いなあ咲夜さん


2004/1/25その2

ギャラリーを更新しました。
新しい絵はないですが、オリジナルの方に日記の方では描きかけしかアップしてなかった絵を一応追加してみたり。

いいかげんこのレイアウトの限界がみえています・・。

2004/1/25

紅魔郷Normalをコンティニューしまくりクリアー。
ようやく、お嬢様に最後までつきあう事が出来ました。

ボム抱え死には数え切れないほどしているので、その辺の精度を上げていく事がまずはノーコンティニューへの道かなあと思います。
あいかわらず美鈴は1ミス2ボムという苦戦ぶり。
風鈴は既にあきらめて、美鈴の周りをぐるぐる回っています。
というか、今日もネビュラチェーンに突っ込んでしまった・・。

余談ですが、私は最近まで_| ̄|○を人の顔だと思っていました。(○はふきだし)


2004/1/24

なんだかもう、一日後の自分の行動がまったく予想できない人間がここに。
昨日言ってたことと、全然違う絵になりました。


というか、絵板初心者二枚目にしてネタに走るの巻。


蓮台野夜行と紅魔郷を注文しました。
これでようやく、紅魔郷借り物人生から卒業です。
とはいっても、受け取れるのは来週末なんですが。平日は受け取れるような時間に家にいない・・。


美味しんぼを探しに立ち寄った古本屋で、マガジン増刊のMMR特集本を発見。
つい買ってしまう。
面白いなあ・・古本屋。

こうやって見ると、1999年に対する不安とか、北海道南西沖地震とか、ブレンド米とか妙に懐かしいです。


2004/1/23

週末に近づくにつれ、だんだんと更新の鈍くなる最果屋です。

年の初めの方で、三面ボス以外を描くという目標を掲げていたような気のする最果屋ですが、気付いてみればこの三面ボスオンリーサイトっぷりはなんでしょうか・・。

咲夜さんと、アリス対魔理沙の魔理沙サイドをとりあえず描きたいところですが、ぼちぼち中国分が不足してきている気もします。
いつものパターンだと、こうしてアリス分と美鈴分の不足スパイラルに突入していくわけですね・・

霊夢もばしっと、描いておきたいなあ・・。

とかいろいろ考えつつ、その日描きたいものを描くのがスタイルなので、三面ボスはあいかわらず多いのだろうなあと思われます。



2004/1/22

昨日は、絵を上げるだけ上げて終ってしまいました・・。

駄楽道様で公開されているSSを読んで、無性に描きたくなって描いてしまった一枚です。
(作中に該当するシーンがあるわけではないです・・)
・・楽しく読ませていただきました。


創想話にフランゲリオン6話が
すごいペースです・・。
元ネタが既に暗号の世界に(^^;

それから、レティとチルノのお話が。
キャラの解釈が、型にはまっていないのが印象的でした。


今日の日記は、「アリスがよかったです」という言葉を使わずにお送りしてみました。
・・いや、なんだかそればっかりいっている気がするので、自分。


2004/1/21




今日の紅魔郷
美鈴をワンミスでパス。
問題は、ミスしたポイントがネビュラチェーン(12/20の日記参照)だということでしょう。


2004/1/19



微妙に続き・・。実はギャラリーの「階段で」から続いているのですが、いつか一本の話に出来るといいなあとも思いつつ。

絵板では咲夜さん祭盛り上がってますね。最果屋は最果ての地で何故かアリス VS 魔理沙祭状態に・・。
私も咲夜さん描きたいのですが・・。
そういえば、紅魔郷BGMで「明治十七年・・」と同じくらいよく聴くのは「メイドと血の懐中時計」だったり。


2004/1/18

ここのところ、紅魔郷続きだったので、今日は妖々夢Normalを霊夢夢符でプレイ。
やっぱり、難易度上がってるなあと思う反面、Easyで身につけたパターンも大部分は通用するので、意外とすんなりと。

スペルカードでは、むしろEasyよれ楽に攻略できた気がするのもあるのですが、これは単に紅魔郷Normalで私が多少なりとも鍛えられていたせいな気もします。
反魂蝶も1ミスノーボムで抜けられたので、残機二機くらいでボムを総動員していたのに比べると雲泥です。
これは、咲夜さんとか、五面雑魚の皆さんに感謝すべきところかも。

結局二回コンティニューでエンディングでした。

最果屋的紅魔郷最萌BGMが「明治十七年の上海アリス」なら、妖々夢最萌BGMは「ブクレシュティの人形師」。
アリスの二回目登場時の通常弾幕を避けながら聞いていると、盛り上がりすぎて手元がくるいそうになるのです。

そういえば、今頃になって人気投票時のZUNさんの「二重黒死蝶」のコメントに気付く私。
なんだか、かっこいいんですが・・。


漫画の一コマ風。
DELETERのCOMIC WORKSって、ふきだしを作る機能がない???
いずれ、続きがくっつくかもしれません。


2004/1/17その2

紅魔郷にも、ぼちぼち慣れてきた感じ。
パチュリーさんに勝つために必要なものは・・気合でしょうか。

なんとなく気になって、今までに描いてサイトにアップした東方キャラを数えてみました。
まあ、数えるまでもなくアリスと美鈴が多いのは明らかですが・・。

中ボス・ボスで描いてないキャラ
 ルーミア
 大妖精
 レミリア・スカーレット
 フランドール・スカーレット
 レティ・ホワイトロック
 八雲藍
 八雲紫

登場回数
13位 一回
 チルノ
 橙
 リリーホワイト
 西行寺幽々子
 魂魄妖忌
 森近霖之助
 フランゲリオン初号機

8位 二回
 小悪魔
 プリズムリバー三姉妹
 魅魔(いわれてもわからないような所に)

6位 四回
 霧雨魔理沙
 パチュリー・ノーレッジ

5位 五回
 魂魄妖夢

4位 六回
 博麗霊夢

3位 八回
 十六夜咲夜

2位 15回
 アリス・マーガトロイド

1位 16回
 紅美鈴

僅差で美鈴の方が多かった模様。
霊夢をいつのまに6回も描いたんだろう・・。
EX以上のキャラクターは、やっぱり会えてないので親しみがわきづらいというのがあるようです。


2004/1/17

やっと週末です。
考えてみると、世間並みには昨日から週末だった気もしますが、まあ、よそはよそうちはうち。

今週はいろんな所で、うちのサイトについてふれていただいた気がします。
私はなかなか反応返せない人なのですが、とても喜んでおりました。ありがとうございます。

>幻影城
長葱についてまでコメントいただいてしまってありがとうございます。
この季節、長葱というと鍋ですね。やっぱり。
らくがき劇場では、魔理沙視点で描くと、アリスはかなり崩して描けるんだなあと、新鮮な気分で描いておりました。


D&DやRPGの話題が、いろんな所で話されてますね。
D&Dは私は新和版のマスターまで。
ろくに読めもしないのに、英語のサプリメントとか買ったりしていました。
(ジアティスとアルファティアの箱は高くて手が出ませんでしたが・・)

コミケのゲーム電源不要地帯では、英語ゲームの和訳本とかも結構売っていたりします。
ペンドラゴンの和訳本を売っていたサークルさんもあったようですが、最近は参加されてないようですね。
友人は持ってるはずなのですが・・。

思えば、昔はキャラクターシートの小さな外見欄にちまちまと絵を描いていました。
なので、しばらくは顔しか描けなかったという。


東方創想話にフランゲリオン第五話が。
考えてみると、この二人だと意外と普通に連携プレーとかできそうですね。
このペースで26話までいったら、やっぱりパチュリー様はトーストを咥えて走ってくるのでしょうか・・。

東方うpろだのSSが面白かったです。
オリジナルキャラを出しつつも、特に気にならずに読めました。
ああ、霊夢は確かにファザコン(ネタバレにつき反転)かも・・。と妙に納得。


2004/1/15

一回休み。



長葱が食べたいです。

2004/1/13

東方らくがき劇場
「魔理沙釣りにいく」







続く・・かどうかは微妙。

2004/1/12

考えてみると、何の説明もなくいきなり中ビームではあまりにも意味不明ですね・・。

最近、東方関係のサイト様で麻雀関係の話を見かける事が多いので描いてみたネタなのですが、考えてみるとネット麻雀では中ビームは出来ない気が・・。

東方蒐集所
今はネット環境がAir-Hで、よく切れるので残念ながら参加したことはないです。
中ビームは、周りでよくつかわれる作法で、気のせいでなければ東方関係のサイト様の日記でみかけたことがあるようなないような。
なので、意外と知られてるかなあと思って描いてみました。

検索してみると、中ビームはそれなりに知られているようで、中を全部捨て牌にすると(当然対面に向けて)満貫になるとか、中ビームを撃たれた相手は場に千点供託しなければならないというローカルルールもあるのだとか。
となると、戦術的な意味がでてきてしまいますね。

白バリアーも、私の周りでは言う人はいましたが、中ビームほどの知名度はないようです。

友人から、日記のレスが「誰と話してるかわからん」という至極まっとうな指摘を昨年うけたので、今年からレスはリンクさせていただこうと思います。

2004/1/11

「中ビーム」
捨て牌の中を上下逆にして置き、対面にビームを放つ攻撃。
無論実際にビームが出るはずもなく、戦術的な意味は無い。



空手小公子を探して立ち寄った古本屋で、「ミッションZZ」を発見。
(モデルグラフィックス編の古いガンダムもののムックです)
古本屋が多くて本屋の少ないこの街に始めて感謝した瞬間。
いつのまにかすっかり本屋さんで見かけなくなっていたので。

空手小公子で誰が好きかといわれると南さんという私は、やはり、ちょっとかっこつかないキャラが好きな模様。

2004/1/10


なんというか、いろいろとすいません。
東方創想話を読んでいないと意味不明ですが、読んでいても意味不明かもしれません。

縦長スペース・・・。
一日にこの枚数を描いたのは久々かも。
というか、もう6時なので寝ます。

2004/1/7

数ヶ月ぶりに、レミリア様にご対面。
二つ目の攻撃で、あえなくゲームオーバー。

慣れてくると、咲夜さんは意外と凌ぎやすいかも。
6面中ボス咲夜さんは、あっさりと抜けられました。
美鈴は・・いまだに落とされるんですが・・。進歩ないですね。
四面道中は、じわじわと安定度向上中。

はたして、美鈴、パチュリーさん、咲夜さんの誰を初めにノーミスノーボスで抜けられるようになるでしょうか。
・・なんか、意外と咲夜さんなのではないかという気もするのですが。

それにしても、チルノで一機つぶされてる現状はなんとかするべき。

東方創想話にフランゲリオン4話が。
ついに、弐号機登場。パイロットは・・ネタバレになるのでいえないですが(笑)
今日も不憫な美鈴が可愛いのですよ。
このシリーズはいやみのない不憫さが魅力だと思います。

某所にアップされていたアリス霊夢SSがよかったです。
最萌の時には本当に楽しませていただいたので(というか、今でも時々読んでます)、また拝見できて嬉しい限りです。

2004/1/7


冬コミで買ったくーげるしゅれいばーさんの本から、イクサイスお姉さんのユキさん。

今日は早めに帰ってきたので、じっくり絵を描くぞーと思って、実際じっくり描いた所、いつにもまして遅い更新時間・・・。



2004/1/7

咲夜さんと戦う際に、大切なのは心のゆとり。
ミスディレクション、完全に見切れたわけでは全然ないのですが、抜けれる気がしないというようなものではない事はなんとなくわかりました。
どうせ相手は時間を止めてくるのだから、あせったところでしかたなくて、ゆっくり弾筋を見れば意外と道はあるようです。

Normalのレベルでは。少なくとも。

しかし、新年初プレイ。
ルーミアに落とされ、大妖精に二機落とされ、チルノに一機落とされるというなかなかに愉快な状態。
美鈴の弾側が速すぎて、彩雨にもぽろぽろ落とされる始末でした。

東方音楽は弾幕と併せて味わうのがよいのではありますが、正確に言うなら弾幕をしのぎつつ聴かないと駄目な気がします。
ぽかぽか落とされていると、大好きな「明治十七年の上海アリス」も全然楽しめません。

二回目辺りから、感が戻ってきて、咲夜さんと戦う事が出来たのですが。

2004/1/6

どうも、咲夜さんはまだ安定しないので、今日はコミケ会場で描いた絵を。
人様のスケブに描かせていただく前に、自分の(買ってきた)スケブに描いたものです。


霊夢人形が何かに似ていると思ったら・・まるちい?
(見比べてみると、そんなに)

2004/1/6

うわー、昨日の絵をアップする場所を間違えてました・・。
大変失礼いたしました。
そして、落書ですいません。

2004/1/5

苦手とはいっても、そこは年の功。
というか、素材のアクの取り方にまで及ぶパチュリーさんの知識は薬の精製にも十分発揮されるのだろうなあという自分結論に。
でも実践という点では魔理沙のほうに一日の長があったりすると、個人的には好みな関係。

私のイメージでは、弾幕戦ではいい勝負であっても魔術的な知識に関してはパチュリーさんの方がずいぶんと上なので、この辺に逆転する部分があるのはいいなあと。

なにやら、半日くらいパチュリーさん問題について悩んでいた様子。

少し咲夜さんを練習。
なんというか、同じ人に見えません。

個人的には咲夜さんは17、8歳くらいの印象。

2004/1/4

本家にて二次創作作品のコメントが。
パチュリーさんは、薬の精製とかは苦手というのがちょっと重要かも。
精霊系の使い手というのは、確かにスペルカードからもわかりますね。
小悪魔さんも、そういう意味では召還された精霊の類なのでしょうか。

魔理沙の魔法は、そうしてみると無機的ですね。
レーザー、スパーク、ミサイル、ナパーム・・・。

アリスは、いうまでもなく人形使い。

そういえば、絵板にEX-アリスが。
アリス好きかつガンダムセンチネル好きの身としては、見たかったネタの一つ。
私も、霊夢と魔理沙と咲夜さんを脱出させて、一人敵に立ち向かうアリス(人工知能)というネタを考えたりした日もありました・・。
(S-ガンダムは三機合体なので三人乗れるのです)
ガンダム顔が描けないので断念しましたが・・。

それにしても、いろんなネタの飛び出す絵板です・・。

2004/1/3

新年明けましておめでとうございます。

当サイトの趣旨は、管理人が描きたい時に描きたいものを描きたいように描くということですが、今年もそれはあまり変わらないと思われます。
そんな混沌としたサイトではありますが、本年もよろしくお願いいたします。


年末のイベントコミックマーケット。
最果屋は初日は友人の手伝い、後二日は一般で参加してまいりました。
東方本を買ったり、中国キーホルダーをいただいたりでほくほくしつつ、一足遅れで「蓮台野夜行」は入手できず(^^;
通販待ちです。

今回は鋼の錬金術師がすさまじい混みっぷり。
前日のテニ王も相当なものでしたが、鋼のは通路一杯に人が詰まってるために、どこが通路かもわからない有様。
結果として少佐本捜索は断念することに。

オフ会とかも覗いてみたかったところですが、なかなかこの機会でもないと会えない友人も多いので(それもどうか・・)、そちらを優先。
というか、友人達を引きずりまわして、都内ビール屋さんめぐりをしてきました。



今年の初描きはアリス。
ネット上で絵を公開するようになって4年目になりますが、オリジナル以外の初描きははじめてかも。



今年の、というと大げさになりますが、とりあえず今のところの目標
三面ボス以外を描く。
アリスと美鈴の絵が多いのは、もちろん、私が好きだからではあるのですが、
時間がないと、描き慣れたキャラを優先的に描いてしまうところがやっぱりあるのですよね・・。

今年の注目
新作の三面ボス。
・・いや、その注目の仕方は本末転倒だろう。

自分用メモ
フリゴ→ハブ→JSレネップ→フリゴ→イドロバット→ジャーマンファームグリル→ダボス




2003年12月

2003年11月

2003年10月

2003年9月

2003年1月〜8月

2002年12月

2002年11月

2002年10月以前 戻る