×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2004/2/29


そういえば、あの能天気な門番も一応妖怪だった と、いまさらのような事を、いまさらのように思い出したら なんだか、眠れなくなった



私内妄想的咲夜さん。

私は咲夜さんには繊維さとかもろさとか、そういうものを描きたい人かも。
私内で済ませておくぶんにはいいのですが、公開しているからにはそうもいかない面もありますが。

2004/2/28

のんびりすごす二連休なんて久しぶりです・・・。

今日は紅魔郷が少し好調。
(・・といっても、私の腕前ですからたいした事はないですが)

美鈴の風鈴とれたー。
記録によると二回目らしいですが、前とったのはいつのことやら・・。
(ちなみに、何故か最初の通常弾幕で落とされているので、今日もノーミスノーボムは達成できず)

パチュリーさんも、シルフィ・ホルン上級を初攻略(苦手なのです・・)。
その後二枚のスペルカードも無事突破(もともと最後の二枚はそれなりに取れるのですが)

咲夜さん・・。 ミスディレクション取れましたー。
落ち着けば、それほど難しくないことはわかっていたのですが、最後までミスらずにいけたのは今日が初めて。

レミリア様も、前から取れていたダビデの星に加えて、今日はヴラド・ツェペシュの呪いを攻略。

やっぱり、一日に回数プレイできると違うなあ・・。
ようやく、意識としてノーコンティニューでいけるかも、という気がしてきました。


風鈴を抜けると、美鈴と雑魚さんのコンビネーション攻撃。
「明治十七年の上海アリス」も主旋律に入っていきます。風鈴を無事突破した後のこのパートは格別でした。
なんか、じわっときてしまいましたよ・・・。

2004/2/26




絵板の違うツールを試すべく描いてみました幽々子様。
ネタもひねりもありません。
以前、アリスは描きづらいけど、咲夜さんはその十倍くらい描きづらいというようなことを描いた気がしますが、幽々子様は五倍くらい描きづらいです。
・・・そう考えると、アリスはまだしも描きやすい部類といっているようにもきこえる。

ただ、幽々子様の場合は似ないというよりは、イメージばかりが先行してしまっているせいで萎縮しているような感じかも。

・・・それにしてもカリスマのない幽々子様になってしまったのう。


2004/2/25



昨日、今日と少し時間が取れたのですが、結局鉛筆書きをがりがりと。
オリジナル中心で描いていたのですが、私のデフォルトに比べると東方キャラは皆つり目傾向なので、ずいぶんと癖がついておりました。

美鈴とかも、私の絵としては少しつり目気味に描いているのですが、たれ目美鈴に見えるんだろうなあ・・・。

というわけで、一段楽したので東方創想話ー。

フランゲリオンはもう佳境ですね。
今回は暗躍したりめろめろになったりする咲夜さんがよいです。
新キャラと美鈴の関係も。
パロディで二次創作という形式ではありますが、フランゲリオン美鈴はすっかり一人のキャラクターとして立ってるなあと思います。
・・というか好きです。

創想話ではありませんが、創想話にも作品を投稿されているSTRさんのサイトレティチル座超特急 が開設。(おめでとうございます)

実は、私はこの方の書かれる小悪魔さんと美鈴の話が大好きで・・・。
クールな小悪魔さんとお日様のような美鈴の関係がなんとも。必ずしも、ハッピーエンドに向わないところも味になってますね。

今度から、小悪魔さんのことは「ク・リトル・リトル」さんと呼ぼうと思います。・・すいません、嘘です。
(あれ、このお話見落としていたかも)

2004/2/24

なにやら絵が描けなくなったので、少しオリジナルで描いてみる。
うわー、書き方忘れてる・・。
髪の毛をうねうねさせてしまう・・フリルを付けそうになってしまう・・。


2004/2/23

最近不足がちな7×2分を補給。

「まったく…熱があるなら先にいいなさいよ」




そういえば、仙台から「CIPHER」をもってくるの忘れてたー。

2004/2/22

・・ということで帰ってまいりました。
知り合いで東方をプレイしている人間をもう一人発見。
咲夜さんでEasyクリアしている程度の能力とのこと。

そういえば、私も初クリアは咲夜さんでした。
その後、霊夢で悩み、レザマリで悩みしつつした期間が長かったので、どうも咲夜さんを使っていた自分が思い出せない・・・。
今は、紅魔郷をまったりモードでプレイしているので、咲夜さんは使えないというのもありますが。

そういえば、咲夜さんはやけにあっさりクリアできてしまって驚いた記憶が。


普段はあまり見ないのですが、紅魔郷のスペルカード取得をチェック。
いつのまに、プリンセス・ウンディネとったんですか私・・。

2004/2/21

今日は仙台までいってまいります。
なので、今日も更新はなさそうです・・。

なかなか、続けられないなあ・・絵板。
毎日、投稿されている方はすごいです。



2/17の絵板絵の下絵。
とりあえず、紙に起こしてからでないと絵板でいきなりは描けないのです・・。


2004/2/19

今日は、お酒をいただいてきてしまいましたので、まともな更新はありません・・・。
まだ、全然打ち上げとかではないんですが。

昨日は、続きでガンダムセンチネルRPGをやっておりました。
初めてプレイした頃は、周りのプレイヤー連中の交わすネタがまったく理解できなかった私も、今では結構マニアックな部類だと思われます。
・・・まあ、本当に詳しい人というのは、こんなものではないですが(^^;

ラビッツ・アンド・ラッツは、TACTICSを掘り出してこないと・・・(笑)

2004/2/17

絵板いってきましたー。
実際描いてみると、かかった時間は一時間半弱。
これくらいなら、12時に描き初めても何とかなるのですが・・。
まあ、あせるとろくなことをしないので、どうしてももう少し余裕が必要という。


お題は「兵卒の紅美鈴」。

というわけで、やり遂げた後の東方創想話・・。
フランゲリオン第十話。
パチュリー様がついに・・。
最近、すっかりつっこみ役と化しているナレーション・・というか本文が笑えます。
原作がものすごくシリアスな場面だけあって、少しだけ重い雰囲気に。
・・前半は。
後半は・・(笑)
さて、ぼちぼち原作も終盤へ。このあたりは原作をあまり回数見ていないので、ここらでビデオでも借りてきましょうか・・

「少女絢爛」は魔理沙のお話。
魔理沙のこういうお話は、読みたかったかも。
短いお話ですが、つぼにきました。


こうして頻繁に創想話をチェックしている私ですが、初めて創想話を読むようになったきっかけは謎のザコさんの「時間よ止まれ」でした。
今でも、読みたくなって時々覗いてしまいます。
・・すいません、無記名で点数入れたのは私です。

>駄楽道
私は、ガンダムセンチネルRPGからガンダムに入ったという妙な人です。
なので、アニメを観ても、ついゲームに当てはめようとしてしまったり。
この手のゲームは確かに、マスターがそれなりの知識がないと難しいかもしれないですね。

どうもガンダムゲームにジェネレータ直撃はなくてはならないもののようで、大抵のゲーム(電源不要)にはあるようですね。
とはいえ、一発勝負のシミュレーションゲームとRPGのキャンペーンでは意味が違いすぎますが。

メルラン絵の後の二人がいいですね・・。

2004/2/16

気づけば、もう三時・・なかなかやりたいことが追いつきません。
絵板に再挑戦したいのですが、絵板はその日のうちに描ききらないといけないので、時間に余裕がないと描けないんですよね・・。

>うぉあてっど
ガンダムセンチネルRPGとは、もうずいぶんと長い付き合いです。
前回のコミケでは、友人の所で改造ルールを売っておりました(^^;
実は、硬派なのは背景世界のガンダムセンチネルで、ルールの方は意外とライト指向な気もします。

でも、このゲームを知っている方にあうと、つい嬉しくなってしまいますね(^^)
かなりのマイナーゲームですし・・。
(でも、不思議と根強い人気があるという噂も)

2004/2/15

今日はチャットでRPGをすることになっているのでお休みです。
システムは「ガンダムセンチネルRPG」。
・・・の改竄ルール。

激しくどうでもいいことですが、GMのハンドルネームが「アリス」さんだったりするのが、とても気になる今日この頃。
(東方とはまったく完全に無関係です。)

2004/2/14

なにやらいろいろ煮詰っていましたが、とりあえず昨日の一枚で一段落。
アリスというキャラクターが私は好きなんですが、彼女の外見は意外と描きづらいのです・・実は。
その分、描くたびにいろいろと身になるのではありますが。

というわけで、久しぶりの創想話感想。

フランゲリオンは既に九話。
ついに最強の使徒(でしたっけ・・)が登場。
なんかこう、咲夜さんと美鈴の関係が、微妙にいいなあとか思うのは私の目に変なベクトルがかかっているからでしょうか。
紅魔館に藍というのも初めは違和感あったはずなのですが、すっかりそれを感じなくなっているのは連載の力ですね。

「呼魂の絆」は妖夢と妖忌じじと幽々子様のお話。
長めのお話ですが、一気に読めてしまう魅力のある作品です。
どうも、私は妖忌のでてくるお話が好きなのかもしれません。
見所は、実は妖忌と幽々子様の関係かもしれない、というのはやはり私の趣味なわけですが。
あと紫様も。
Phを自分で攻略できていない私はどうしても紫様というキャラクターには距離を感じてしまうのですが、それがなければ幽々子様と紫様というのは、かなり魅力的なカップリングかもしれません。

そういえば去年の12月くらいに、「或る師と弟子」と言う作品と「The dream of a bubble.」という妖忌のでてくる作品が一日に二つアップされていた事があってほくほくしていた事がありましたが、同じ方の作品だったのですね・・。


今日は、アリスの十倍は(私にとって)描きづらい咲夜さん。





今日は久しぶりに姫神の「縄文海流」をBGMに。

2004/2/13

珍しく、壁紙サイズー(1024×768)。
本当なら、一日寝かしてから公開したいところなのですが、どうせなら2/14にあわせてみるのもいいかなあとか。

といいつつ、日記の日付は13日の金曜日なんですが。





2004/2/11

いっそすがすがしいくらいに、一日中寝ておりました。

美鈴ノーミス突破ー。
と思ったら「極彩颱風」に落とされる・・・。
後一歩後一歩と言い続けてずいぶんたってる気がしますが、今日も後一歩でした。

本気で咲夜さんの方が先にノーミスで抜けられるんじゃないだろうか・・。
とか思ったりもしましたが、何気にボム使ったりもしているので、ノーミスノーボムで咲夜さんを抜けるのは、しばらく無理なんだろうなあ。実際は。

2004/2/9

最果屋迷走中。

今日はちゆりさん。北白河さんにあらず。
(「スーパーメイドちるみさん」から)

トラップ一家物語



白泉社から、柳原望さん久々の時代物「とりかえ風花伝」が。
私も、結構影響を受けた作家さんです。
今回は、かなり絵を意識して可愛い方向にもって行こうとしているような気配が。

2004/2/8

というわけで、帰ってまいりました。

ヘッドホン(ごついのではなくて、イヤーフィットタイプのですが)を、audio-technicaのちょっといいものに買い替え。
インナーイヤーのものはそれなりにいいものを買っていたのですが、長時間使うとどうも聴き疲れするので、もっぱら1000円くらいのイヤーフィットタイプを使っていたのです。

新型に変えて、だいぶ音の情報量が違うなあ・・と感動。
紅魔郷と妖々夢を流した後に、蓮台野夜行をループ中です。

今日のところは、生存報告にらくがきアップ・・。
考えてみると、ここまで一つのキャラクターを何度も描いているのは、絵を描き始めてから初めてかもしれません。




2004/2/5

二時間ほど絵板と格闘していたのですが、
駄目だー。
さらっとした絵を描く分にはいいのですが、やっぱり「こういう絵が描きたいっ」というのを表現するには、あまりに功夫がたりないようです。
精進せんといかんですね・・

それでも、アリスとルーミアに始まって、ここ数枚は自分でも好きになれるものが描けていたのですが。
まあ、少し壁にあたっているのかも。

さて、週末に精進と行きたい所なのですが、明日からメインマシンのない所に旅立つため、おそらく月曜まで更新ができません。
東方関係は数日前から止まっている状態なので、今日は何とか更新したかったのですが・・。


というわけで、週末はネット環境はADSLになるので、いろいろダウンロードするぞーとか。


そういえば、美鈴寒冷地仕様とかも結構お気に入りの絵なので、やっぱり何か描ける題材と描けない題材の境界があるのかも。

2004/2/4

意外とソーサリーが知られていて、少し驚いていたりしております。

ソーサリーは「ゴブリンって何?」というところから始まって、ファンタジーのフの字も知らないのに、必死で読んでいた思い出があります。
スティーブ・ジャクソン(英)やイアン・リビングストンの本を中心に読んでいた私にとって、JHブレナン派の友人はライバルのようなものでした。
・・いや、無意味なライバル関係ですが。

・・背景色黄色になっていますが、この内容のどこが東方関係なのか(笑)

猫吠崎シキさんのゴースト「HELL and Heaven」(人柱版)から、ゼッカさん。
レーチェさんも好きなのですが、画風的に時間がかかり過ぎそうなため、今は断念。



2004/2/3

創想話に新作がたくさん。

フランゲリオンの新作が。
今回は、一気に数話分進んでいます。
すっかり、紅魔館にいついている式二人がいい感じです。
個人的に、美鈴の「絶対忘れてたでしょ・・・・・?」(ネタバレにつき反転)が・・ヒットしたのですが。
わたしだけですか。

紫様の大作SSが。
いきなり前中後編というのは、すごいですね・・。
ネタバレになるので詳しい感想はひかえつつ、読み応えのある作品でした。
私は好きです。

さて、好きなゲームのところにD&Dや東方シリーズとならべて「ソーサリー」を上げている私としては、「暗黒館の奇術師」について触れないわけにはいきません。
とはいえ、私はこてこての創元・社会思想社派なのでJ.H.ブレナンはあまり読んでいないのですが・・。
でも、14の意味するところくらいはわかる程度の知識。
なんというか、いろんなネタがでてくるなあ・・


フカヒレラーメンは、検索したところによると正しくはフカヒレチャーシュー大盛り。
エヴァンゲリオンネタですね・・というか、作者様に無断でフランゲリオンネタともいいます(^^;

そういえば、また友人のところの絵を描くのを忘れておりました・・。



2004/2/2

小休止・・。
今日はちょっと不調なので、一度リセットを試みる。

最近聴いてなかったプレイリストで、最近聴いてなかった歌を聴いたり、
最近あまり起動してなかったmateriaを起動してみたり。
ネットワーク更新がー遅いー(Air-Hのひと)
ADSLにもどったら、またいろいろ使いたいなあ・・。

ついでだから、備蓄最後のチェコのビールもあけてしまう。
チェコのビールは、松脂のような匂いがします。
・・というか、松脂の匂いなんて、弦楽器でもやってないと知らないような気も。

お茶を濁して、一年半前くらいの絵を上げてみる・・。



なんか、このころの塗りの方が東方にはあってる気もするようなしないような。

2004/2/1

今日は少し時間があったので、じっくり絵板絵。
ネタもひねりもないのが、少し寂しい気も。



今頃気付くのもなんですが、サイズ間違えてたー。
400×450にしたつもりが、400×400・・。




2004年1月

2003年12月

2003年11月

2003年10月

2003年9月

2003年1月〜8月

2002年12月

2002年11月

2002年10月以前 戻る