×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2004/3/31

最果屋は現在秋田県在住なのですが、秋田のスターバックスコーヒーが、明日限定の特別メニューを出すそうです。

「こまちラテ」と「なまはげフラペチーノ」。

・・・正気ですか。

永夜抄は、タッグだけでなくてキャラを個別にも使えるようですね。
アリスと霊夢とか、ゆゆ様と紫様とか、咲夜さんと妖夢とかの変則組み合わせが出来ないのが少し残念。
・・というか、後の二つは妖怪と人間になってないし。

そういえば、私は自機は霊夢派ではあるのですが、誘導弾タイプしかなかったら微妙です。
どうも、正面に敵を捉える必要がないと落ち着かないというか・・・古いシューティングしかやってないせいでしょうか。




2004/3/30

東方永夜抄の紹介ページがついにきましたね・・。

最果屋的には、やっぱりアリスが自機で使えるのが一番のトピックです。
しかも、魔理沙とコンビですか・・・。
おそらくは、抜群のコンビネーションとはいかないであろう二人のトークに期待です。
口では喧嘩しつつも、妙に息が合ってるというのが最果屋的には好みなのですが。

でも、私は基本的に霊夢使い・・・。
妖夢とゆゆ様も、どんな感じになるのか予想もつかないので、使用キャラの選択は一通り試してからということになりそうです。

というわけで、私も少し乗り遅れつつも、魔理沙とアリス絵をっ
と思ったのですが、ブランクがあったので少しリハビリが必要なようです・・。
とりあえず、今日は練習アリス。




さしあたり、問題は例大祭にいけるかどうかです・・。
Air-Hの私には、ダウンロードという選択肢はないので(^^;

2004/3/29

そんなわけで(どんなわけだ)、今日は飲み会でありました。
ふらふら。

我が生涯に一片の悔いなし

2004/3/27

そろそろ暇ができてくるといいなあ。

今日買った本。
「君と僕の歌」(未読)
「トリコロ」(私も金色のプレイヤー仙台に置きっぱなし・・・)
「もっけ」(やたらと面白かった・・)
「ケロロ軍曹」(未読)
「Ecole du Ciel」(未読)

雑誌
「Megami Creators」
・・・まさか、この手の雑誌で「すべてはガンダムセンチネルから」等という見出しが拝めようとは。
表紙がディープストライカーっぽいなあと思って買ってしまった結果、とりあえず笑えたので可。

2004/3/24

忙しい日々。
絵を描く時間が取れないのがちときびしいです。

今日は少しましだったので、落書きでも・・。



某所の支援SSのおかげで疲れが吹っ飛びました(笑)

設問
以下の内、東方妖々夢の製品版のみで理解可能なネタはどれか
1 妖忌はじいさま
2 妖夢にくっついている大型の幽霊(らしい)は妖夢の半分
3 「みょん」

正解 3

意外なようなそうでもないような。
でも、最近東方にはまったばかりの人が出展に辿り着くのは、それなりに大変な気も。
(1はZUNさんのメール回答、2は人気投票時のZUNさんのコメント)

2004/3/21

帰ってきたら、日付が変わっておりました。

絵を描く時間もないことだし、ギャラリーにたまっていた絵を追加。
妖々夢キャラ紹介ページはとりあえず絵だけまとめ・・。
でも、それだけなら今月の日記を見ればいいだけではないかという話も。

2004/3/20

また、日記の日付を間違えておりました…

最近面白かった漫画
「麻雀無限会社ザンク」
「しゃにむにGO」
「こわしや我聞」(というか國生さん)
「三者三葉」(というか葉子様・山路)


2004/3/19

東方キャラ紹介第十回(私見混入注意)


東方妖々夢六面ボス。亡霊の姫 西行寺 幽々子。
愛称ゆゆ様(非公式)

・・・つまるところ、絵を描きあがったあとに紹介文を書く余裕がないという現実が。
とりあえず、妖々夢の通常ステージはコンプリートしたので、いずれ紹介文もあわせてアップしたいなあとか・・・。
(魔理沙は紅魔郷側で)
どちらかというと、基本的な紹介よりも私の考えるこのキャラの魅力。的なものに出来るといいのですが。

2004/3/18

一応、生存報告を・・。

なにやら、突然自分の描き方を見つめなおしたい週間に突入してしまったようです。
最近は、苦手だった全身絵を描く方に努力のベクトルが向いていたのですが、久しぶりに顔の方をあーでもないこーでもないと描いています。

2004/3/16

絵板を描くには少し時間が足りないので、アナログらくがきを描いていたのですが、
どうも絵板に慣れすぎると、細かい部分の描き方を忘れるようです。
目の中身とかの細かい部分とか、線の強弱とか。
逆に細かいところでのごまかしがきかなくて勉強になる面もあるので、バランスよく。

さて、気付くと最果でひっそりという意味で始めた最果屋もとんでもないことに20000HITを迎えることになりました。
ひっそりとかいってますが、やっぱり見ていただけるのはとても嬉しく思います。
ありがとうございました。

このタイミングでいうのもちょっと違いますが、絵板でレスを下さった方にもお礼を。
なかなか、あの場ではお礼をしづらいので。

ストーリー付のレスも、
兵卒の美鈴絵の時の、レミリア様と美鈴とか
風邪ひき霊夢に弾をあててしまって動揺するアリスとか
屋根の上の咲夜さんに呼びかける美鈴とか
「それだっ」とか思いながら(笑)読ませていただきました。

さて、妖々夢の通常モードは、あとラスボスの幽々子様を残すのみなのですが、どうもすぐに描けるか微妙です・・。
ぼちぼち友人たちとローカルに作る本のイラストを描いたりしなければならないのと、仕事の方が週末あたりから忙しくなる予定のためです。

・・・とかいいながら、明日描くかもしれませんが。

2004/3/15

東方キャラ紹介第九回(私見混入注意)


東方妖々夢四面中ボス。リリーホワイト。

春を伝える妖精で、春を伝える事が生きがい。
春の伝え方が弾幕に限られるところが玉に瑕です。


ほんのひなんじょ様にて、イベント「東方名品市」が開催中。

今日のお題は服装でした。
服装というと、やっぱり美鈴の服が好きです。
中華というより、中国なんですよね・・・確かに。
意外とルーズな襟元とか、袖とか、細かいところが可愛いデザインで、
華やかになりすぎないところが好みです。
個人的には、スリット控えめで。

あとは、やっぱり紅魔館の赤雑魚さんですね・・(笑)

美鈴の赤雑魚さん服装備絵(2/17の日記絵)とかが、このお題向きだったかも。

2004/3/14

帰ってまいりましたー。

今日の更新は、無理でした・・。
今週は中盤辺りから忙しくなりそうなので、妖々夢のキャラクター紹介だけでも終らせたかったのですが。

でも、なんだか美鈴が描きたい病もふつふつと。

2004/3/12


東方キャラ紹介第八回(私見混入注意)



東方妖々夢五面ボス。半分幻の庭師魂魄妖夢。
半分は人間で半分は幽霊という不思議な人。

・・・睡魔が襲ってきたので、今日は絵だけです。


明日から、少し仙台の方に旅立ってきます。
なので、明日の更新はありません。

2004/3/11


東方キャラ紹介第七回(私見混入注意)



東方妖々夢四面ボス。騒霊三姉妹の長女ルナサ・プリズムリバー。

小細工をしない正攻法を好む長女。比較的常識人のため、何かと暴走しがちな妹をまとめて苦労していそう。

普段はソロ演奏を好むという設定はいろいろと想像をかきたてられます。


色の作り方を変えたら、今までのものとえらい違和感が。

2004/3/10


東方キャラ紹介第六回(私見混入注意)



東方妖々夢四面ボス。騒霊三姉妹の二女メルラン・プリズムリバー。

いつも笑顔のメルランは、三姉妹の中でも最大の魔力を持つ。
でも、その使い方がいいかげんな天才タイプ。

攻撃は結構おっかないので、あれを笑顔で「あらあら」とかいいながら繰り出してくると思うと、それはそれで恐ろしい。

考えてみると今は紅魔郷を攻略中なので、紅魔郷から始めれば良かったような気も。
あとは魔理沙とリリーが保留中・・・。

リリーを自分のイメージで描くのは、意外と難しい。
第一印象はというと・・・B-29とか。
・・・すいません。
しばらくは、リリーの爆撃が避けられなかったのです。


2004/3/9


東方キャラ紹介第五回(私見混入注意)



東方妖々夢四面ボス。騒霊三姉妹の三女リリカ・プリズムリバー。

いぬにく〜等の様に、何も考えていないかのような言動をしつつ、実は計算の上での行動だったりする。
狡猾な性格という設定ですが、なんだかんだで末っ子的な性格なのではないかという気もします。
でも、実は末っ子ではなかったり。

2004/3/7

微妙に時間足りなそうなので、今日の東方キャラ紹介は断念。
三姉妹は描きたいなーとか、時々思っていたわりにはネタがでてこないです・・。

いろいろ書きたい話題があったはずなのですが、ちとアルコールはいっていますので、また後日。

・・そして、その元凶について。
ドイツのホルステンの缶ビールをいただきました。

ホルステンは仙台では生ビールで飲める数少ないドイツビールの一つなので缶ビールで飲む機会はなかったのですが、今日ほぼ初めて飲んだところ、やけにおいしくてびっくり。
私は、どうも缶のビールに対して誤った認識を持っていた模様。

ビールは、何がおいしいかわからないという方には、是非一度飲んでいただきたいビールです。
瓶ビールもそうですが、輸送後はできれば一日休ませてから・・。

でも、友人に言わせるとかなり個性的なビールということになるらしいので好みかも。

2004/3/6

東方香霖堂を読みました。
最初に思ったこと。
おそろい
・・・すいません。

むしろ、これは霊夢のエプロンをアリスが借りていると解釈するのが妥当か。
とか、阿呆な事を考えていたのは、きっと私だけにちがいありません。

東方創想話。
小悪魔さんと美鈴のお話の新作が。
ここの小悪魔さんは本当に美鈴が好きなんだろうなあと、じんわりと実感してしまいます。
美鈴の言葉が残酷です・・・いや、そこがいいんですが。

「VR東方」シリーズがさらに二話。
いわれて見ると、懐かしいかもしれない理不尽に大変な目にあう美鈴。
(・・いや、フランゲリオンでも結構な目にあってた気もしますが)
私が東方に興味を持ち始めたころは、たしかにもっと大変な目にあいまくっていた気も。
コミカルに泣き笑いする美鈴はやっぱりいいなあ、と思います。
・・いや、笑う場面はないですが(^^;


今日は赤ワインを飲みたくなったり、マサイの戦士を飲みたくなったり、ハバネロを食べたくなったりと、食欲のたえない一日でしたとさ。

しばらく、輸入の途絶えていたベルギービールの逸品デ・コーニングが、再び日本で飲めるようになったようです。
私も一度しか飲んだ事がないので嬉しい限り。
東京の方では、もうお店に出ているのでしょうか。
仙台のベルギービール屋さんでは、来週月曜から飲めるようですが・・・でも、私は現在秋田在住。
なにか理由つけて仙台にいってやろうか・・・。

2004/3/5


東方キャラ紹介第四回(私見混入注意)



東方妖々夢三面ボス。七色の人形使いアリス・マーガトロイド。
・・・アリスについて語るには時間が足りないので、今日は絵だけで。

2004/3/4


東方キャラ紹介第三回(私見混入注意)



二面ボス凶兆の黒猫 橙。
・・いや、なんとなく響が好きなんです。凶兆の黒猫という。

妖怪の式神のそのまた式神。
主の八雲藍は、会話からも橙に甘そうですが、そのまたご主人も橙に甘いのかなあとか、そうすると、もう甘やかされまくりだなあとか、そういう。

橙は、戦闘中の様子が特に可愛いですね。
画面中を飛び回る所とか、手をちょいとあげる仕草とか。

「VR東方」が二話。
第一話を読んだ時点では、もう少しシリアスっぽい話が続くのかと思いましたが・・・。
二話目にしてものすごいことに(笑)
お茶目パチュリーさんがよいです・・。

東方昔話「鶴の恩返し」。
霊夢と幽々子様という取り合わせが意外と新鮮。
幽々子様のマイペースぶりがいいですね。
独特のナレーションも健在です。

2004/3/2その2


東方キャラ紹介第二回(私見混入注意)


順番からいくと、次はもう一人の主人公霧雨魔理沙なのですが、帰り道に猛吹雪にあったので今日はこのお二人。
東方妖々夢一面ボス、レティ・ホワイトロック(左)と、同じく中ボスのチルノ(右)。
チルノは東方紅魔郷の二面ボスでもあります。

チルノは氷の妖怪で、夏でも冬でも春でも秋でも周囲に冷気を振りまいているのに対して、
レティは冬になるとやってきて、春になると去っていく季節妖怪。

その儚さとか、二面ボスだったはずのチルノが中ボスになっていたりと、いろいろと妄想をかきたてられる二人です。

レティの通称は黒幕。作中の台詞が元ネタです。

2004/3/2

アップする前に推敲くらいしましょう。自分。
昨日の日記を整理・・。

2004/3/1

下のものを書いていたら、今日も創想話感想が書けませんでした・・

フランゲリオン最終話がアップされていますね。
一話からずっと、楽しませていただきました。お疲れ様でした。
そして、サイト開設おめでとうございます。(→ピコチュウの巣様)

2004/3/1

東方キャラ紹介第一回(私見混入注意)


博麗 霊夢。
主人公。
巫女さんです。
・・巫女さんに見えないといわれても巫女さんなのです。
東方という作品の、和洋折衷ぶりの象徴ともいえるデザイン。
初めて見たときの衝撃は今も忘れません。

東方で一番好きなデザインといわれたら、美鈴か霊夢かも。




2004年2月

2004年1月

2003年12月

2003年11月

2003年10月

2003年9月

2003年1月〜8月

2002年12月

2002年11月

2002年10月以前 戻る