×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2007/1/31


街中でカレーを食べようと思って入ったお店に、何故かアンカーのビールが揃っていました。
仙台では、カレー屋さんがアメリカのクラフトビールを置くのが一つのスタイルなのじゃろうか。
まだ残っていたスペシャルエールをいただきつつチキンカレーをいただきました。
街中の細道にある「やまん」というお店です。

2007/1/30


ちょっと間が空いたので、リハビリしつつ。

絵と関係ないですが、カタハネはそういえば、劇が終わった後のお客さんの反応がみたかったなあ。

2007/1/29その2

「仙台 東口 ジョンスミス」というキーワードで検索してきた方がいらっしゃったのですが、どうやらそのキーワードでは目的の店にはたどりつかない様子。
というわけで、「ハーフペニーブリッジ」で検索するとヒットするはずです。

アイリッシュパブの定番ギネスとキルケニー。
イギリスエールでは有名らしいけど、日本では珍しいジョン・スミス。
そのほか、ドイツからパウラナーのヘーフェヴァイス。
ビールではないけど、サイダー(林檎酒)の樽生ストロングボウ。
その他、エビスとエーデルピルス、ベルギーのピルスナー、ステラ・アルトワ。
多分、仙台では今一番多彩な樽生ビールを飲ませるお店ではないかと。

2/28まで好きな樽ビール1/2パイント三杯で1000円というセットをするらしいので、興味のある方は覗いてみては。

2007/1/29

カタハネ終了ー
かなり期待しておりましたが、期待を裏切らない面白さでした。
声の面は期待以上かも。
絵はすさまじく綺麗で可愛く、雰囲気もよく。

シナリオについて、一週だけだと、かなり不完全燃焼感が残りますが、あまり個別ルートの長いゲームでもないので、一気に全ルートクリアしてしまうのがお勧め。

好きなキャラは・・アインとセロか(笑)
いや、まあ普通にみんな好きですが。


アンジェリナとマリオンの会話って、ヒカルとナギの声だと思うと懐かしくもあり、性格全然違って面白くもあり。


2007/1/28

カタハネプレイ中・・
少々お待ちください・・・

2007/1/26

というわけで(どういうわけだ)、ビアテイスター試験に合格しました。
これで、次回のイベントではビアテイスターのいるお店として、ビール本を売ることができます(笑)

まあ、それは三分の一くらい冗談として、まがりなりにもビールを紹介する本を作っているので(曲がりまくりですが)、一応は客観的にビールを見る見方を勉強してみるのもいいかなあと思い。
あと逆に、ビールを評価する人としての自分を客観的に評価してもらいたかったというのもあり。

先日の東京行きはその講習と試験を受けに行ったのでした。
知識的なところは本とかでもいいのですが、講師の人が同じビールを飲んで、「これはかなり日光臭が出てますね。」とかいってくれるのはよかったです。

2007/1/25

うーん。これは風邪かも。
絵を描いたはいいものの、どうも線がよれているので没に。
週末には東京で買ったビールが届くので、それまでに治ってるといいなあ・・

今回はイギリスものが多目。一度飲んでみたかったものをいろいろ買ったので楽しみ。

2007/1/24

コピー用紙と0.2mm芯がつきました・・
というか、0.2mm芯はこのあいだ買ったばかりのはずなので、むしろ行方不明かも。
・・というか、前も買ってきたら出てきたので、今回も買ってきたら出てきそうな気がします(^^;

2007/1/23


今日はユーリゲアルトさんその1。 いろいろ試行錯誤。
ユーリゲアルトは、ながらく憧れのビールであったので、飲む機会に恵まれたのはありがたい限り。
次はいつ入荷するのだろう。

まあ、ナイトシューマッハ好きとしては、シューマッハアルトも一度飲んでみたいのですがー(意味不明)

2007/1/22

体調回復・・
いってみたかった四川料理屋さんに行ったので、つい辛いものばかり食べたのが悪かったのではないかと(阿呆)

拍手のお返事などー
> 帰りの新幹線では「狼と香辛料」が3冊に増えてると予想してみます(笑)

ばればれですね(^^;
三巻まで買って、今、三巻の途中です。
本筋に関係ないながら、あの世界におけるエールとビールという言葉はどんなものをさしてるのかなあと悩み中です。

2007/1/21

帰ってきましたー
・・ちょっと体調崩し気味なので、今日は寝ます(^^;

2007/1/18


というわけで、この週末はちょっと東京にいってます。
日曜には帰ってくる予定。
気になるビール屋さんが何軒かあるのですが、さすがにまわりきれないなあ・・
ジョン・スミスが仙台で飲めたのはだいぶ助かりました。

2007/1/17


週末ちょっと東京にいくので、移動中読む用に「狼と香辛料」を買いました。
いろいろいい評判をきいているので期待。

そういえば、感想書いてなかったですが文学少女の新刊は面白かったです。
コミケ中、次の日も早いのに三時過ぎまでかけて読み終えてしまいました。

2007/1/16


ウエストマレ・トリプルさんその1
というわけで、今日はウエストマレ・トリプルを飲んだわけですが。
ウエストマレ・トリプルは個性渦巻くベルギービール界に自らの王国を築いた名酒。その上、ベルギー六ケ所のトラピストビールの一角でもあり、設定(違)を読むだけでもキャラの立ったビールです。

といいつつ、結構ご無沙汰しておったのですが、久しぶりに。
のんびり飲んでいると、香りがいろいろ変化していく面白いビールだなあと再認識。


拍手のお返事など

> コミケは行きたかったですが……無念です(苦笑)。
> ホブゴブリンさんが大好きなので、再登場希望しておきます(笑)。
> あと、元々「べしゃり暮らし」って今のジャンプ向きではない漫画でしたし……今度は続くといいんですが。

返信遅くなりまして申し訳ありませんー。
今回のコミケは年末で大変でしたよね(^^;
ホブゴブリンさん、気に入っていただけたようで何よりです。
とりあえずは、いろんなビールを紹介するのが先なので、再登場は当分はなさそうですが、でも、ホブゴブリンさんには、愉快な仲間たちがいろいろいるので、再登場の可能性の高い人かも知れません。
べしゃり暮らしは、週間ペースが厳しかったというのもあるようなので、適度に休みをはさみつつ、うまいこと続いて欲しいものです。
連載当時、ジャンプでは「べしゃり暮らし」と「テニスの王子様」だけ読んでいた最果屋でした。

2007/1/15


少し迷走気味・・

カンティヨン・クリーク・ランビックを飲みました。
…酸っぱっ

2007/1/13


どうも、頭がビールモードに入りすぎて、絵の描き方を忘れてたっぽいので、ここ数日悩んでおりました(^^;
ビールモードと絵描きモードを両立するビール本は、実は私の中でも微妙な境界の本なのかもしれません。

2007/1/10

パソコンの中の整理を始めたら、えらいことに。
ファイルも普段から整理してしまわないとだめだなあ・・

「きららの仕事」は、また盛り上がってきておりますね。
登場人物がそれぞれ動き回ってて、実にいい感じ。
・・まあ、タッドの扱いは寂しいものがありますが(^^;

そういえば、「べしゃり暮らし」がヤングジャンプで再開だそうで。 楽しみ。

2007/1/9

そんなわけで、ビール欲を収めるべく、仙台駅東口のアイリッシュパブに行ってきました。
しばらくこないうちに、ビールメニューがずいぶん充実しておりました。
今日飲んだのはジョン・スミスのビターと、パウラナーのヘーフェヴァイス。
どっちも樽というのは、仙台ではかなり画期的なのでは。というか、初めて見ました。
今回は飲みませんでしたが、サイダーの樽もある模様。
うーん、仙台のお店がこういう風に進化してくれるのは嬉しいなあ。

シェパーズパイとフィッシュ、チキン、チップスがセットで、生ビール1パイントもついて1500円。
というセットがお手軽でよいです。好きなビールが選べるのもいい感じ。

2007/1/8


次の本を目指して考え中、プロトタイプケルシュさん1.0。
軽やかで繊細なケルシュさんですが、アルトさんとは犬猿の仲。

どうも頭がビールモードになってしまって、いろいろネットでも情報収集してしまったのですが、どうも、情報がオーバーフロー気味・・
これだけの情報を楽しみつくそうと思うと、すごく他のことを考える余裕がなくなりそう(^^;
インターネットは恐ろしいところです。

まあ、選択肢が多いのは素敵なことなので、振り回されずに自分のペースで付き合って行きたいところ。

2007/1/7

5月のイベントに受かるといいなーと思いつつ(まだ、申し込んでもいませんが)、次回の本で紹介しようかと検討中のビールを買ってきたり。
もちろん、何度か飲んだことはあるのですが、一年くらいブランクのあるものもあるので。

ということで、今日飲んだのはアメリカのアンカー・スチームビールと、アンカー・リバティーエール、チェコのブドバイゼ・ブドバー。

最果屋的には、アメリカのビールで好きなビールというと、最初に出てくるのがアンカー・リバティーエール。 とてもわかりやすくアメリカのホップががつんとくるビールです。
アメリカのホップは、なんというか、偏見的なアメリカ像にも通じる派手で華やかなキャラクターなのです。

なんとなく、スチームビールもアメリカのホップっぽいビールだったかなあと記憶してたのですが、まったくもって嘘だったらしく、派手さのない落ち着いた味でした。

ブドワイゼ・ブドバーは、多分、日本で二番目に手に入りやすいチェコビール。
このビールは、ピルゼンのビールと比べるとソフトだと書かれている文章はよく見かけていつつ、いまいちピンときていなかったのですが、スチームビールの後に飲んで、苦みが控えめだなあと思ったりしたので、なるほど、そうなのかもなあとか。

・・はい、なにやら自分以外わかるようわからないような文章になってきました。

(ちなんで、最果屋的に、リバティーエールは好きなのですが、アメリカのホップの効いたビールが格別に好きというわけではないです。最近では、派手さを抑えた使い方のほうが個人的には好みかも。)

2007/1/6


そういえば、昨年末にカウンタが200000に達しておりました。真にありがとうございます。
節目ごとに確認する当サイトのモットーは、描きたい物を、描きたい時に、描きたい様に描くこと。
これからも迷走を続けると思われますが、お付き合いいただければ幸いです。

というわけで、拍手のお返事など

> あけましておめでとうございますー。新刊、コミティアでは拝見できるといいのですが…

おめでとうございますー。
新刊お渡しできなくて申し訳ありません・・
再販(というか、コピー)は近いうちにする予定ですので、あとはコミティアに受かりさえすれば・・

2007/1/5

新年あけましておめでとうございます。
というわけで帰ってまいりました。

コミケでは、撤収予定の14:00の2、30分前くらいには完売してしまいました。
来てくださったのに購入できなかった皆様には真に申し訳ありません・・
お手に取ってくださった皆様にはありがとうございました。楽しんでいただければ幸いです。

その後、ごそごそと荷物をまとめ14:10くらいに撤収。
そのままずんどこと新幹線で帰省。
やっぱり31日コミケはハードです(^^;

今回の本は、次回のイベント参加時に再版する予定です。
とりあえず、五月のコミティアと八月のコミケに受かれば・・



とりあえずリハビリ・・。

拍手のお返事など
> 新年 あけました おめでたいです

あけましたね。おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。




2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

2006年5月

2006年4月

2006年3月

2006年2月

2006年1月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年9月

2005年8月

2005年7月

2005年6月

2005年5月

2005年4月

2005年3月

2005年2月

2005年1月

2004年12月

2004年11月

2004年10月

2004年9月

2004年8月

2004年7月

2004年6月

2004年5月

2004年4月

2004年3月

2004年2月

2004年1月

2003年12月

2003年11月

2003年10月

2003年9月

2003年1月〜8月

2002年12月

2002年11月

2002年10月以前

戻る